NEXT STEP Logo

中央職業能力開発協会License


中央職業能力開発協会について

 中央職業能力開発協会(JAVADA)は、昭和54年に職業能力開発促進法に基づき設立された、 職業能力評価の専門機関として、職業能力が適正に評価されるように 「能力評価制度・試験の整備」に関する各種事業を行うとともに、 職業能力開発に関する様々な情報提供、相談援助等を通じて 働く人々の「キャリア形成支援」を行う団体です。
▶公式サイトはこちら


試験概要

 中央職業能力開発協会の実施する試験のうち、当カレッジで受験できる試験は「コンピュータサービス技能評価試験」となります。
 コンピュータサービス技能評価試験は、教育訓練施設や事業所において、コンピュータの操作方法を学習した方々やコンピュータを活用した各種のサービスを行う方々を対象に、その操作能力を評価する試験です。
 試験の内容も、業務で実際に作成する書類等に近いもので、資格取得により即戦力のアピールに繋がります。
 国家資格・公的資格・民間資格のうち、「公的資格」になります。

試験実施部門 ワープロ部門/表計算部門/情報セキュリティ部門
受験料 1級 7,820円/2級 6,580円/3級・単一級 5,250円
※税込・部門共通
試験環境 OS(基本ソフト):Windows 10 or 7
Officeバージョン:2016 or 2010
合否結果 ・受験日の翌月20日以降にお知らせいたします。
・合格証書は当カレッジからお渡しいたしますので、合格された方は身分証明書を持参のうえ、ご来校ください。
※受験されたご本人以外の方への合格証書の授与は行っておりません。
※合否確認のお問い合わせにはお答えすることができません。